MENU

医中誌からのお知らせ

Ver5第二段階バージョンアップ/あいまい検索

2011年12月2日更新

ひらがな・カタカナや旧字・新字、異体字などの表記の揺れを吸収した検索を行います。
これにより、例えば「頸椎」「頚椎」のどちらを入力しても、双方のOR検索が行われるようになります。

異体字や機種依存文字については、1文字1文字をすべて同一視して検索しますが、「漢字とひらがな」などについては、予め登録されている文字列に関してのみ、同一視して検索します。
例えば、「がん」と「癌」をすべて同一視するのではなく、「肺がん」など登録されている文字列についてのみ、「肺がん」と「肺癌」を同一視して検索します。
これにより、適切な場合のみ、表記の揺れを吸収した検索が行われます。

(1)1文字1文字をすべて同一視する-異体字や機種依存文字

異体字と機種依存文字は全て同一視します。

※異体字の例

頚 <--> 頸

靭 <--> 靱

膣 <--> 腟

螢 <--> 蛍

※機種依存文字の例

Ⅰ <--> I

① <--> (1)

㎝ <--> cm

Ⅱ <--> II

② <--> (2)

㎏ <--> kg

Ⅲ <--> III

③ <--> (3)

⊿ <--> Δ

例)
タイトル:「インターネットの眼科応用 ソーシャルメディアと医療③」
→医中誌では③を(3)と登録していますが、③と(3)いずれで検索しても正しくヒットします。

(2)予め指定する文字列を同一視する

・「癌」や「蛋白質」など特定の用語の漢字・ひらがな・カタカナを同一視
・ 「フォスファミド」と「ホスファミド」などカタカナの異表記を同一視
・ 「総合臨床」と「綜合臨牀」など旧字・新字を同一視

例)
「肺がん」で検索
従来:  (肺腫瘍/TH or 肺がん/AL)
→「肺ガン」「肺癌」はテキストサーチの対象外
変更後:(肺腫瘍/TH or (肺がん/AL or 肺ガン/AL or 肺癌/AL))
→ 「肺ガン」「肺癌」もテキストサーチの対象となる
※検索履歴は従来通り(肺腫瘍/TH or 肺がん/AL) となります。