MENU

医中誌からのお知らせ

公開シンポジウムのご案内「診療ガイドラインを巡る新たな課題」

2010年2月3日更新

平成21年度厚生労働科学研究 研究成果等普及啓発事業公開シンポジウム「診療ガイドラインを巡る新たな課題」を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

日時

2009年2月20日(土)13:00-16:40 (開場12:30)

場所

ホテルはあといん乃木坂 (はあといん乃木坂へのアクセス)
東京都港区南青山1-24-4 地下鉄千代田線「乃木坂駅」うえ
Tel 03-3403-0531

参加

無料。定員80名。事前申込要。
※参加希望者は氏名・所属などを電子メールにてguideline3@jamas.or.jp 宛にご連絡願います。

主催

厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進事業)
『診療ガイドラインの新たな可能性と課題:患者・一般国民との情報共有と医療者の生涯学習』研究班/研究代表者/中山健夫

後援

財団法人 日本医療機能評価機構、
財団法人 国際医学情報センター、
特定非営利活動法人 医学中央雑誌刊行会

< プログラム >
総合司会/豊玉速人(医学中央雑誌刊行会)

●研究代表者挨拶・報告
「診療ガイドライン研究:3年間の取り組みの成果と今後の展望・課題」
演者/中山健夫 京都大学大学院医学研究科 教授

●「根拠と総意に基づくカンガルーケア・ガイドラインの作成報告」
演者/森臨太郎 東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学 准教授

●「診療ガイドラインと灰色領域 -保険制度・WHO-」(仮題)
演者/津谷喜一郎 東京大学大学院薬学系研究科医薬政策学 特任教授

●「参加から協働へ -そのときの課題-」
演者/栗山真理子 アレルギー児を支える全国ネット アラジーポット 専務理事

●「EBMとわが国の診療ガイドライン開発史(仮題)」
演者/鈴木博道 国際医学情報センター EBM支援センター 主任研究員

●意見交換

以上

問合わせ先/医学中央雑誌刊行会(担当:豊玉、生崎)
Tel: 03-3334-7625
mail: gl3-office@jamas.or.jp