医学中央雑誌刊行会について

医学中央雑誌刊行会について
メニュートップへ
理事長よりご挨拶
沿革(医中誌のあゆみ)
組織
所在地・アクセスマップ
医中誌News
沿革(医中誌のあゆみ)
 ●尼子四郎(1865:慶応元年〜1930:昭和5年)
尼子四郎1887年広島医学校卒業。いくつかの転機を経て1903年に東京で開業。それとほぼ同じ頃に「医学中央雑誌」を創刊する。→医学中央雑誌2号掲載の謹告

■創刊の経緯
「「医学中央雑誌」は明治36年(1903年)私の父が当時九大耳鼻咽喉科学教授であられた久保猪之吉先生の御援助のもとに発刊の運びにいたったように聞いております。そのころドイツのCentralblattが医学界のために非常な貢献をなしていたのに做い、我が国においてもこれを試みようと考えたのでありましょう。・・・・・・」
尼子富士郎が日本医師会より医学文献功労者として日本医師会最高優功賞を受賞した時の答辞で述べた。「医学の文献について」より抜粋

■夏目漱石と尼子四郎
夏目漱石と尼子四郎は隣家同士の友人であり、漱石の妻・夏目鏡子が述べているように、四郎は夏目家の家庭医でもあった。小説「吾輩は猫である」の登場人物である甘木先生は四朗がモデルである。
 ●尼子富士郎(1893:明治26年〜1972:昭和47年)
尼子富士郎
山口県下松市において、父尼子四郎、母とよこの長男として生まれる。 1918年東京帝国大学医学部卒業。医学部副手として稲田内科(現東大第三内科)に勤務。1926年その前年に設立された財団法人浴風会(現社会福祉法人 浴風会)の医長に就任。それ以後は老年医学の研究と「医学中央雑誌」の刊行に力を注ぎ、これらの功績に対して、その存命中に数々の賞を受けた。

■浴風会とは?
関東大震災(1923年)によって身寄りや住まいをなくしたお年寄りを保護するために、皇室の御下賜金を基金として1925年に設立された我が国最古の老人施設。現在、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、ケアハウス、浴風会病院を擁し、約1200人のお年寄りが暮らす。所在地は東京都杉並区高井戸。

■老年医学と尼子富士郎
尼子富士郎は我が国の老年医学の創始者である。浴風会の医長に就任する時の「これからは老年者が問題となる時代である。誰も手を付けていない老年医学を勉強 したら」という稲田龍吉教授の言葉が研究のきっかけであったという。その研究成果は主に「浴風園調査研究紀要」に掲載された。そのうち「老年医学の歴史」 「老化学説の概観」「比較老年学(前篇、植物門に於ける老化)」「比較老年学(後篇、動物門に於ける老化)」は富士郎の没後まとめて『老化』という表題で1974年に出版された。
 ●村上元孝(1914:大正3年〜1989:平成元年)
村上元孝広島県佐伯郡大野町に生まれる。
1937年東京帝国大学医学部卒業。坂口内科(現東大第三内科)に入局。1946年東京大学講師となる。その後、群馬大学教授を皮切りに、金沢大学、東京都養育院(現東京都老人医療センター)において要職を歴任。一方、1959年に日本老年学会が設立されて以来理事や会長をつとめ、1978年には東京において国際老年会議を主催するなど日本および世界の老年医学の発展に力を尽くした。 1964年金沢大学時代に医学中央雑誌刊行会理事に就任。尼子富士郎亡き後、理事長を継承。理事長在任中に雑誌の印刷方法を活版印刷から電算写植方式に変更した。また、社屋の改築を実行した。
 ●篠原恒樹(1929:昭和4年〜2010年:平成22年)
篠原恒樹福岡県門司市( 現在の北九州市)に生まれる。
1949年東京大学医学部入学。1952年尼子富士郎の老年学の講義を聴く。これが後に尼子富士郎に師事し、更に医学中央雑誌刊行会の事業を継承するきっかけとなった。1953年東京大学医学部医学科卒業。1954年1956年同大生化学教室在室。1956年1958年同大第三内科在籍。この頃より医学中央雑誌の編集作業に従事。1958年社会福祉法人浴風会病院に入職、尼子冨士郎(当時、浴風会病院院長)のもとで老年医学の研究、臨床に従事。1972年浴風会病院副院長に就任。 1989年村上元孝亡き後、理事長を継承。
このページの先頭へ戻る