「本文あり」「本文あり(無料)」とは

2012年11月のバージョンアップにより、「本文あり」(有料・無料かかわらず、フルテキストへのリンクがある文献への絞り込み)、「本文あり(無料)」(無料で読めるフルテキストへのリンクがある文献への絞り込み)、2つの絞り込みチェックボックスが表示されるようになりました。

この「本文あり」「本文あり(無料)」の情報は、上記のほか、「フィルター設定」「フルテキストリンクがある文献に1つに集約したアイコンを表示」する場合にも利用します。

「本文あり」「本文あり(無料)」それぞれの対象となる文献は下記の通りです。

なお、管理者設定により、「本文あり」「本文あり(無料)」の絞り込みを行った場合、以下の医中誌で管理している情報に加え、各機関で契約している電子ジャーナル収録の文献も対象とすることが出来ます。

(1)「本文あり」

(2)「本文あり(無料)」

「本文あり(無料)」とは、下記を対象としています。(2017年8月現在、約100万件(重複除く))

A. CiNii経由でオープンアクセス雑誌収録の文献

  • 2017年8月現在、約50万件です。
  • ※NII-ELS(CiNii-ELS)へのリンクについて
    NII-ELS (国立情報学研究所)のサービス終了、およびその後の一部再開に伴い、医中誌Webの検索結果に表示されるリンクアイコン「CiNii(本文あり)」の遷移先でフルテキストPDFが閲覧出来ない等、一部不整合が生じていましたが2017年6月以降は解消しています。

B. J-STAGEのオープンアクセス雑誌収録の文献

  • J-STAGEの「資料一覧」にて、オープンアクセスとされているもの(緑色のアイコンが表示されているもの)を指します。
  • 対象年についても、上記リストに準じています。
  • 2017年8月現在、約65万件です。

C. 機関リポジトリの文献

JAIROに収載されている文献のうち フルテキストPDFが存在する文献を指します。


  • 対象となる機関リポジトリ一覧はこちらをご参照ください。
  • 2017年8月現在、約11万件です。

D. その他

特定のサービスに収録されていない下記の各誌掲載の論文。順次対象を拡大する予定です。


Copyright c Japan Medical Abstracts Society. All rights reserved.
ページの先頭に戻る