「OLD医中誌」データとは、1983年3月以前の医学中央雑誌(冊子)のデータ化したもので、書誌事項(タイトル、著者名、筆頭著者の所属機関、巻号頁、収載誌名)のみが収録されています。通常のデータ(Pre医中誌データと完成データ )と異なる点があるので、検索の際に注意が必要な場合があります。

  • OLD医中誌のデータ件数
  • OLD医中誌のデータ内容と検索の留意点
  • 国立国会図書館デジタル化資料へのリンクについて
  • OLD医中誌のみ検索したい場合/OLD医中誌を除いて検索したい場合
  • その他(原本入手、PDATとIDATデータについて)
  •  

    OLD医中誌のデータ件数


    OLD医中誌データの件数は下表の通りです(2017/3/1現在)。対象となる医学中央雑誌冊子体は1970年〜1983年(252号〜413号)、文献数は合計約170万件です(医中誌Web全体の更新件数はこちら)。なお、原則として冊子体に掲載されている全ての論文情報を電子化いたしましたが、書籍データ、雑誌名の登録がないレコード、「最新文献※1」として記載されていたレコードはOLD医中誌データの対象外としました。

    1970年
    117,221件
    1971年
    113,940件
    1972年
    115,778件
    1973年
    125,395件
    1974年
    117,650件
    1975年
    114,784件
    1976年
    108,881件
    1977年
    107,421件
    1978年
    118,393件
    1979年
    136,068件
    1980年
    142,921件
    1981年
    187,606件
    1982年
    173,210件
    1983年※2
    57,396件
    合計
    1,736,664件

    (※1)「最新文献」とは、冊子体の巻末に「最新文献」として掲載されていた情報です。同じ情報が後日発行の冊子体に再掲載されているので、データ化の対象外としています。
    (※2)1983年のOLD医中誌データは、医学中央雑誌冊子体1983年1月号〜3月号分です。4月号以降のデータは通常データとして既に収録されています。


    OLD医中誌のデータ内容と検索の留意点


    OLD医中誌データは書誌事項(タイトル、著者名、筆頭著者の所属機関、収載誌名、巻号頁、発行年月)のみです。また、文献番号の後ろに<OLD医中誌>と記載されています。 医中誌Webの検索結果の表示順は新しい順(文献番号の逆順)なので、OLD医中誌データは通常は検索結果集合の後ろの方に表示されます。また、OLD医中誌の各レコードからは国立国会図書館デジタル化資料の該当ページにリンクが張られています。


    ※クリックすると画像が拡大します。
      

    OLD医中誌データと通常の医中誌Webデータの主な相違点、およびそれに伴う検索上の留意点は以下の通りです。より詳細なご説明は「OLD医中誌データと通常データの差異 一覧表(PDFのP.7)」をご参照ください。

    ・キーワードが索引されていないので、統制語へのMappingは行われず、デフォルトの検索は、書誌事項を対象としたテキストサーチとなります。そのため、キーワード検索においては、通常のデータを対象とした検索に比べ、ヒット率が低くなります。
    ・プルダウンメニューで「統制語」「メジャー統制語」「抄録」「特集名」「抄録」「研究デザイン」を選択すると、OLD医中誌データは検索対象外となります。
    ・一部のデータにおいて、タイトルや著者名等の一部が、仮の文字「#」(半角シャープ)となっています。著者名などでヒットしない場合は、「#」が含まれている可能性がありますので、可能性が高い文字を「#」に置き換えての検索をお試しください。
    ・一部の収載誌について、ISSNや収載誌略名による検索が行えません。また、これらの収載誌名については、収載誌情報へのリンクがありません。(順次メンテナンスを行っております。)
    ・収載誌の発行年月の情報が正しくない場合があります。該当の発行年月でヒットしない場合は、他フィールドで検索するか、前後の幅を持たせた検索を行って下さい。


    国立国会図書館デジタル化資料へのリンクについて


    OLD医中誌データ各レコードから、国立国会図書館デジタル化資料の該当ページへのリンクが張られています。リンク先に抄録が無い場合は「医中誌アーカイブ」、抄録がある場合は「医中誌アーカイブ(抄録あり)」と言うリンクテキストが表示されます。OLD医中誌データには抄録がありませんので、抄録を閲覧したい場合はリンク先にてご覧ください。OLD医中誌データ約92万件のうち、約15万件が「抄録あり」です。
    なお、冊子体の医中誌は、分類ごとにデータが配列されていますので、リンク先のページの該当文献の前後には、関連する情報が掲載されています。

    「医中誌アーカイブ(抄録あり)」をクリックすると国立国会図書館デジタル化資料の該当ページにリンクします。


    ※クリックすると画像が拡大します。
     

    必要に応じ、画面を拡大して、該当の文献を探すと該当文献の抄録が掲載されています。


    ※クリックすると画像が拡大します。
    <元URL;http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3390661/133

      

    OLD医中誌のみ検索したい場合/OLD医中誌を除いて検索したい場合


    OLD医中誌データは、特に条件を指定しなければ、通常のデータと一緒に検索されます。OLD医中誌データのみを検索したい場合、また、OLD医中誌データを省きたい場合は、絞り込み条件にて指定が行えます。

    OLD医中誌データのみを検索したい場合は、絞り込み条件の「OLD医中誌に限定」にチェックを入れて検索します。


    ※クリックすると画像が拡大します。
     

    OLD医中誌データを省きたい場合は、すべての絞り込み条件を表示し、「OLD医中誌を除く」にチェックを入れて検索します。なお、「検索対象データ」で、「OLD医中誌除く」「OLD医中誌のみ」を選択して絞り込むこともできます。


    ※クリックすると画像が拡大します。

    ※検索入力欄に、「data=old」(OLD医中誌のみに限定)、「data=exceptold」(OLD医中誌を省く)と入力して検索することもできます。

     

    その他(原本入手、PDATとIDATデータについて)


    ・原本(フルテキスト)の入手について
    医学中央雑誌刊行会がご提供する文献複写サービス(「医中誌Web DDS」、「医中誌パーソナルWebDDS」、「医中誌複写サービス」)では、OLD医中誌データは複写オーダーの対象外となります。 OLD医中誌の原本(フルテキスト)の入手については、国立国会図書館などの複写サービスのご案内ページを、ご参考までにご参照ください。

     

    ・PDATとIDATデータ
    OLD医中誌データのPDATとIDATデータは、それぞれ収録した日となりますので以下の表の通りとなります。 ※PDATとIDATについての詳細は「絞り込み項目の詳細」をご参照ください。

    対象年
    PDAT
    IDAT
    1970年~1976年
    PDAT=2017/3/1
    IDAT=2017/3/1
    1977年〜1983年※2
    PDAT=2014/11/16
    IDAT=2014/11/16
    ※ 2017/3/1配信時のメールアラートでは、OLD医中誌データ(1970-1976)が対象に含まれます。また、My医中誌の検索式の保存・メールアラート画面にて、検索式を保存後に「前回実行時以降に登録されたデータ」を選択して検索実行した場合もOLD医中誌データが対象に含まれます。





    Copyright c Japan Medical Abstracts Society . All rights reserved.
    ページの先頭に戻る