繰り返し行う検索式を保存し、必要なときに簡単に再検索することができます。
更に、医中誌パーソナルWebのデータ更新時に、保存された検索式による検索結果をメールでお届けする「メールアラート」の設定も行えます。
式は30個まで保存できます。



1. 検索画面で「検索式の保存」をクリック

検索式の保存は、検索画面から行います。検索履歴の保存したい検索式をチェックして(A)、「検索式を保存」(B)をクリックします。(複数の検索式が指定されている場合は、それらの式がプルダウンで選択されている演算子(C)でつながれます。)



2. 検索式の保存画面

検索式の保存画面が表示されます。
メールアラートの設定を行わない場合は、「検索式名」のみ入力し、「登録」をクリックします。メールアラートの設定を行う場合は、「メールアラート機能」のラジオボタンを「設定する」にチェックします。



3. メールアラートの設定

・まだメールアドレスを登録していない場合
「送信先アドレス」にメールアドレスを入力してください。その後は下記「既にメールアドレスを登録している場合」と同様です。



・既にメールアドレスを登録している場合
メールアラートの設定項目が表示されます。「出力形式」「フォーマット」「送信件数」「検索結果が0件の場合でもメールを受信するか」をそれぞれ設定します。
設定が完了したら、「登録」をクリックします。



4. 保存した検索式の一覧画面と式の再検索

保存されている検索式の一覧が表示されます。

・ 「検索式名」のリンク(D)をクリックすると、「検索式の保存」画面が表示されます。

・ 「検索」をクリックすると、「検索」または「検索(前回実行時以降に登録されたデータのみ対象)」を選択するポップアップウィンドウ(E)が表示されます。後者を選択すると、「最終実行日」以降に登録されたデータのみを対象に検索します。

・ メールアラートの送信先を変更したい場合は、「送信先アドレス」欄の「登録/変更」ボタン(F)をクリックすると、変更画面が表示されます。




5. メールの内容について

医中誌パーソナルWebのデータ更新(原則として毎月1日、16日)の都度、登録した検索式を更新データに対し実行した検索結果が、指定のメールアドレスに届きます。







Copyright c Japan Medical Abstracts Society . All rights reserved.
ページの先頭に戻る