「Pre医中誌」データとは、インデキシング未済みのデータのことで、 書誌事項(タイトル、著者名、収載誌の情報、一部については抄録)のみが収録されています。

Pre医中誌データの表示形式


通常のデータとほぼ同一の形式で表示されますが、IDの形式が違います。 通常のデータのID(文献番号)は、西暦で始まる10桁の数字ですが、Pre医中誌データのIDは、アルファベットで始まります。 Pre医中誌データには、文献管理番号の後ろに「<Pre 医中誌>」と表示されています。
(例)L210020008<Pre 医中誌>

Pre医中誌データと完成データ


通常のデータでは、現在、原本の発行からWEB版で検索可能になるまでのタイムラグが約3〜4ヵ月ありますが、 Pre医中誌データは、最短で発行から1ヶ月程度の雑誌を検索できるようになります。
なお、Pre医中誌データは、インデキシングが完了した段階で、 改めて通常のID(文献番号)が付与され完成データとしてサービスされます。
あるデータが、「Pre医中誌データとして初めて検索サーバにアップされた日付」(PDAT)と、 「インデキシング済みの完成データとして初めて検索サーバにアップされた日付」(IDAT)は、 「タグ付き形式」の詳細表示画面にて確認することが出来ます。

Pre医中誌データを検索対象から除くには


初期画面における限定、あるいは絞り込み検索画面にて、「Pre医中誌を除く」あるいは、「Pre医中誌のみ」といった指定を行えます。





Copyright c Japan Medical Abstracts Society . All rights reserved.
ページの先頭に戻る