医中誌ユーザ向け情報

研究デザインタグ

研究デザインのタグとして「メタアナリシス」「ランダム化比較試験」「準ランダム化比較試験」「比較研究」および「診療ガイドライン」の5つを設けています。

 

研究デザインタグの検索についてはこちらをご覧ください。

 
メタアナリシス、ランダム化比較試験、準ランダム化比較試験、比較研究について

EBM(Evidence-based Medicine)の実践においては、エビデンスのグレードを考慮した文献検索のプロセスが重要です。

「医中誌Web」検索において、的確かつ簡便にエビデンスの強さに応じた文献情報が見つけられるように、2003年作成分のデータより、該当する原著論文に、「メタアナリシス」、「ランダム化比較試験」、「準ランダム化試験」、「比較研究」の4種類のタグを付与しています。

 

また、1983年〜2002年の作成データについては、以下の3つの方法でタグを追加付与しました。(タグ「比較研究」については、過去分データへの追加付与は行っていません。)

 

(a)JHES (日本ハンドサーチ・エレクトロニックサーチ研究会、Japan Hand Search & Electronic Search Society、主任研究者:津谷喜一郎)のハンドサーチにより見出された「メタアナリシス」、「ランダム化比較試験」、「準ランダム化比較試験」文献の情報を、JHESの了解を得て、原著論文についてのみ医学中央雑誌データベースに追加しました。これらは、2001年〜2002年作成データに反映されています。

 

(b)日本のランダム化比較試験データベース(JRCT)プロジェクト(主任研究者:津谷喜一郎)のハンドサーチにより見出された「ランダム化比較試験」、「準ランダム化比較試験」文献の情報を、JRCTの了解を得て、原著論文についてのみ医学中央雑誌データベースに追加しました。これらは、1983〜2000年作成データに反映されています。


なお、JRCTの対象誌は以下の8誌です。

  1. 臨床評価
  2. 薬理と治療
  3. 基礎と臨床
  4. 臨床と研究
  5. Therapeutic Reseach
  6. 麻酔
  7. 臨床医薬
  8. 日本看護科学会誌

 

(c)1983年〜2002年作成データについて、「医中誌Web」によるエレクトロニックサーチにより見出した「ランダム化比較試験」、「準ランダム化比較試験」文献の情報を、原著論文についてのみですが、原報またはデータ内容を確認のうえ、医学中央雑誌データベースに追加しました。「メタアナリシス」については、1999年作成データまで遡及し、原報を確認のうえ、タグを追加付与しています。

 
診療ガイドラインについて

EBMのプロセスにおいて、「診療ガイドライン」は、エビデンスを収集・評価し、推奨の形で判断の手がかりを提供するために作成されるもので、さまざまな医療状況での意思決定や問題解決に役立ちます。

「診療ガイドライン」文献情報が簡便に見つけられるように、2005年作成分より、該当する解説文献に、「診療ガイドライン」のタグを付与しています。

なお、医中誌Webのデータから抽出した診療ガイドライン情報をこちらに掲載しています。

 

また、1999年〜2004年の作成データについては、以下の方法でタグを追加付与しました。

 

(a)東邦大学医学メディアセンター作成の「診療ガイドライン」リストを、その了解を得て参考にさせていただき、該当する文献にタグを追加付与しました。

 

(b)医中誌Webによる検索により、1999年作成データまで遡及し、原報を確認のうえ、該当する文献にタグを追加付与しました。

 
研究デザインタグ付与年と付与件数

・各研究デザインタグが付与されている作成データの対象年は下表の通りです。

 

研究デザインタグ付与年
メタアナリシス1999〜
ランダム化比較試験1983〜
準ランダム化比較試験1983〜
比較研究2003〜
診療ガイドライン1999〜

 

・各研究デザインがタグ付されている文献の件数は下記の通りです。
<2017年9月16日更新>

データ作成年
メタアナリシス
ランダム化比較試験
準ランダム化比較試験
比較研究
診療ガイドライン
1983年
-
185
27
-
-
1984年
-
240
45
-
-
1985年
-
304
60
-
-
1986年
-
243
47
-
-
1987年
-
224
84
-
-
1988年
-
268
57
-
-
1989年
-
293
52
-
-
1990年
-
252
56
-
-
1991年
-
477
90
-
-
1992年
-
333
74
-
-
1993年
-
386
87
-
-
1994年
-
387
77
-
-
1995年
-
386
57
-
-
1996年
-
322
75
-
-
1997年
-
341
52
-
-
1998年
-
249
54
-
-
1999年
5
225
25
-
8
2000年
5
257
29
-
20
2001年
12
369
61
-
31
2002年
18
364
64
-
71
2003年
30
519
102
8,619
102
2004年
37
551
110
8,194
73
2005年
19
482
138
8,379
134
2006年
47
730
196
10,948
122
2007年
46
752
167
10,236
99
2008年
51
965
151
11,535
142
2009年
50
788
124
9,347
119
2010年
83
921
155
10,755
114
2011年
71
899
138
9,667
110
2012年
86
895
150
9,867
112
2013年
105
910
161
10,284
133
2014年
142
987
150
11,124
172
2015年
204
1,165
156
11,458
157
2016年
167

1,242

163
10,155
135
2017年
122

843

107
7,437
117
総計
1,300件
18,754件
3,341件
148,005件
1,971件
※データのメンテナンスにより、過去分の件数も変更されることがあります。
 
研究デザインタグの定義
研究デザイン略記
メタアナリシスヘルスケアの介入についてのエビデンスを明らかにするために、定式化されたリサーチクエスチョンについて、関連する研究を、網羅的に収集し、批判的吟味をし、統計学的に解析した論文。ただし、統計学的解析を含まない同様の論文も含む。 ※メタアナリシスやシステマティックレビューは、米国国立医学図書館としても、その定義が確立されていない。そこで、ここではゆるやかな定義とし、感度(sensitivity)を高めることとした。
ランダム化比較試験ヒトを対象として、ランダム割付けを用いて、ヘルスケアの介入(薬物、手術、検査、看護、検診、教育、サービス等)を行う群と比較対照群に振分け、その有効性や安全性などの評価を行う臨床試験
準ランダム化比較試験ヒトを対象として、準ランダム割付けを用いて、ヘルスケアの介入(薬物、手術、検査、看護、検診、教育、サービス等)を行う群と比較対照群に振分け、その有効性や安全性などの評価を行う臨床試験
比較研究ヘルスケア分野(医歯薬・看護・介護など)において、ヒトを対象として比較分析を行っている研究。ただし、以下の文献は除外する。
●ランダム化比較試験の文献
●準ランダム化比較試験の文献
診療ガイドライン医療や公衆衛生上の判断を支援する目的で、日本において、主に学会などにより作成された文書。(個人や一病院で作成したガイドラインは含まない)
※原義:「特定の臨床状況において、適切な判断を行うために、臨床医と患者を支援する目的で系統的に作成された文書」(米国 Institute of Medicine, 1990)


※参考資料

JHESの研究成果

中嶋宏監修『EBMのための情報戦略』(中外医学社 2000年発行)

中山健夫著『EBMを用いた診療ガイドライン作成・活用ガイド』(金原出版2004年発行)

 

このページの先頭へ戻る