Home > 医中誌Web(Ver.5)バージョンアップ情報 > 絞り込み検索機能の改訂
医中誌からのお知らせ

医中誌Web(Ver.5)バージョンアップ情報
●絞り込み検索機能の改訂
2011年12月2日更新

 

絞り込み条件の改定を行ないます。

 

※クリックすると画像が拡大します。


@「最新5年分に限定」
 最新の5年分に絞った検索が簡単にできるようになります。(Ver.4の最新5年分は、医中誌でデータを作成した年としていましたが、Ver.5では雑誌の発行年となります)
 実行すると ○○○ AND (DT=[5年前の年]:[今年]) となります。


A「解説・総説」
 従来、対象となる論文種類は、「解説」「総説」「図説」「Q&A」の4つでしたが、これに「講義」を追加します。
 実行すると ○○○ AND (PT=解説, 総説, 図説, Q&A, 講義) となります。


B「治療に関する文献」 「診断に関する文献」 「副作用に関する文献」
 これらの項目で絞り込むと、現状では、関連する副標目のみで絞り込みが実行されますが、より漏れなく広く検索できるように、生成する検索条件式を拡張します。
 実行すると以下の検索式となります。


・「治療に関する文献」
   ○○○ AND ((SH=治療的利用, 治療, 薬物療法, 外科的療法, 移植, 食事療法, 精神療法,放射線療法) OR (治療/TI or 手術/TI))

※「SH=治療的利用」、「OR (治療/TI or 手術/TI)」を追加


・「診断に関する文献」
   ○○○ AND ((SH=診断的利用, 診断, 画像診断, X線診断, 放射性核種診断, 超音波診断) OR (診断/TI))

※「SH=診断的利用」、「OR (診断/TI)」を追加


・「副作用に関する文献」
   ○○○ AND ((SH=毒性・副作用,化学的誘発,有害作用) OR (副作用/TI))

※「SH=化学的誘発」、「OR (副作用/TI)」を追加



※クリックすると画像が拡大します。



C「症例報告・事例」 「特集」
 従来は症例報告、事例、特集をまとめて「論文種類1」というグループにしていたが、分かりづらいため、「症例報告・事例」「特集」と改めました。
 同一グループ内で複数選択するとOR、別グループ間ではANDとなるので、例えば、“症例報告”, “事例”, “特集”を選択すると以下となります。
 ○○○ AND ((PT=症例報告,事例) AND (PT=特集))


D「論文種類」
 論文種類は「論文種類2」と表記していましたが、「論文種類1」がなくなったのに伴い、表記を改めました。


E「収載誌発行年」
 発行年を指定する際、従来は「2001年〜2011年」のように開始年と終了年をセットで指定する必要がありましたが、いずれかのみの指定で実行できるようになります。


 例)
 開始年で“2001”を指定して終了年をしていない場合は以下となります。
  ○○○ AND (DT=2001:[今年])


F「性別」
 従来は「その他」の中に“男”, “女”, “妊娠”および“オス”, “メス”, “妊娠”を分類していましたが、同一グループ内で複数選択するとORとなるため、“女”と“妊娠”を選択すると「女 OR 妊娠」となってしまっておりました。
 これを解決するために「性別」グループを新たに設け、“男”, “女”と“妊娠”を別に分類しました。両方選択した場合は以下となりAND検索が実行されます。
 ○○○ AND ((CK=女) AND (CK=妊娠))



※クリックすると画像が拡大します。



 



医中誌からのお知らせ

アンケートのお願い

HLM最新情報