Home > 医中誌からのお知らせ
医中誌からのお知らせ

医中誌からのお知らせ
●山中伸弥教授の医中誌収録文献
2013年2月16日更新

ノーベル医学生理学賞を受賞された山中伸弥教授の医中誌Webに収録された文献リストです。 山中教授が筆頭著者である文献情報 98件 (内訳:原著論文 4、会議録(学会抄録) 63、総説 3、解説的記事 26、座談会 2)を、新しい順に掲載しています。 (検索式:山中伸弥/FAU or YamanakaShinya/FAU )

 

下記の情報につきましては、転載等、ご自由にご利用下さい。
なお、元の記事のコピーをご要望の場合は、医学中央雑誌刊会の文献複写サービスにて承ります。(コピーお申し込みの際は、論文の種類にご注意ください。「会議録」の場合、多くは1ページ以下の短い記事となります。)
---------------------------------------------------------------

1. MB09170001<Pre 医中誌>
iPS細胞研究の進展
Author:山中 伸弥(京都大学iPS細胞研究所)
Source:臨床病理(0047-1860)60巻補冊 Page1(2012.10)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

2. M821200004<Pre 医中誌>
特定因子による多分化能の誘導(Induction of Pluripotency by Defined Factors)(英語)
Author:Yamanaka Shinya(Center for IPS Cell Research and Application (CiRA), Kyoto University)
Source:Experimental Animals(1341-1357)61巻3号 PageS6(2012.05)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

3. 2013053324
iPS細胞研究の進展
Author:山中 伸弥(京都大学iPS細胞研究所)
Source:日本救急医学会雑誌(0915-924X)23巻10号 Page433(2012.10)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

4. 2013039208
iPS細胞研究の進展
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所)
Source:CAMPUS HEALTH(1341-4313)49巻4号 Page58(2012.09)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

5. 2013034804
iPS細胞研究の進展
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所)
Source:日本消化器病学会雑誌(0446-6586)109巻臨増大会 PageA352(2012.09)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

6. 2013030816
iPS細胞研究の進展
Author:山中 伸弥(京都大学iPS細胞研究所)
Source:日本歯科医師会雑誌(0047-1763)65巻5号 Page552(2012.08)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

7. 2012240052
iPS細胞研究の進展
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所)
Source:組織培養研究(0912-3636)31巻1号 Page77-78(2012.03)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

8. 2012202686
iPS細胞研究の進展
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所)
Source:日本泌尿器科学会雑誌(0021-5287)103巻2号 Page35(2012.03)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

9. 2011279628
iPS細胞研究の進展
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所 初期化機構研究部門初期化制御学分野)
Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)85巻6号 PageS827(2011.06)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

10. 2011226242
iPS細胞研究の進展
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所)
Source:日本耳鼻咽喉科学会会報(0030-6622)114巻4号 Page261(2011.04)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

11. 2011199475
iPS細胞研究の進展
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所)
Source:日本皮膚科学会雑誌(0021-499X)121巻5号 Page883-884(2011.04)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

12. 2011174595
【ここまで進んだ先端医療】 世界が注目するiPS細胞の夢
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所), 杉町圭蔵
Source:臨牀と研究(0021-4965)88巻4号 Page387-392(2011.04)
論文種類:座談会/特集

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

13. 2011112480
人工多能性幹細胞の樹立
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所)
Source:日本医師会雑誌(0021-4493)139巻10号 Page2126-2130(2011.01)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

14. 2011041933
iPS細胞の展望と課題
Author:山中伸弥(京都大学物質-細胞統合システム拠点・iPS細胞研究センター)
Source:日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集(1349-0761)26回 Page66(2008.10)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

15. 2010328047
iPS細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学物質-細胞統合システム拠点・iPS細胞研究センター)
Source:日本生化学会大会プログラム・講演要旨集82回 Page3PL16(2009.09)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

16. 2010308409
特定の因子による多分化能の誘導(Induction of pluripotency by defined factors)(英語)
Author:YamanakaShinya(京都大学物質-細胞統合システム拠点・iPS細胞研究センター)
Source:Journal of Pharmacological Sciences(1347-8613)112巻Suppl.1 Page5P(2010.02)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

17. 2010273802
特定された因子による多能性の誘導(Induction of Pluripotency by Defined Factors)(英語)
Author:YamanakaShinya(京都大学物質-細胞統合システム拠点・iPS細胞研究センター)
Source:Circulation Journal(1346-9843)74巻Suppl.I Page6(2010.03)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

18. 2010238565
iPS細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学物質-細胞統合システム拠点・iPS細胞研究センター 再生医科学研究所 再生誘導研究分野), 久保惠嗣
Source:日本呼吸器学会雑誌(1343-3490)48巻増刊 Page1(2010.03)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

19. 2010217805
国際同時試験におけるアジア臨床試験の意義 iPS細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学)
Source:臨床評価(0300-3051)37巻Suppl.XXVIII Page185-201(2010.05)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

20. 2010169028
iPS細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学物質-細胞統合システム拠点・iPS細胞研究センター)
Source:日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集54回・19回 Page177(2010.03)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

21. 2010042360
iPS細胞 特定因子による多分化能の誘導(iPS Cell Induction of Pluripotency by Defined Factors)(英語)
Author:YamanakaShinya(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:臨床血液(0485-1439)50巻9号 Page864(2009.09)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

22. 2009359439
正しい知識が捏造を防ぐ データを正確に解釈するための6つのポイント (No.6)分子生物学、生化学、細胞生物学における統計のポイント 医療統計学の専門家を交えた鼎談
Author:山中伸弥(京都大学物質-細胞統合システム拠点・iPS細胞研究センター 基礎生物学部門), 青井貴之, 佐藤俊哉
Source:蛋白質・核酸・酵素(0039-9450)54巻13号 Page1792-1801(2009.10)
論文種類:座談会

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

23. 2009353614
iPS細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究センター)
Source:日本消化器病学会雑誌(0446-6586)106巻臨増大会 PageA514(2009.09)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

24. 2009341107
人類の叡智を幸せにつなぐ iPS細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学物質-細胞統合システム拠点・iPS細胞研究センター)
Source:日本内科学会雑誌(0021-5384)98巻9号 Page2141-2145(2009.09)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

25. 2009306451
既知因子による多分化能の誘導(Induction of pluripotency by defined factors)(英語)
Author:YamanakaShinya(京都大学物質-細胞統合システム拠点・iPS細胞研究センター 基礎生物学分野)
Source:Journal of Pharmacological Sciences(1347-8613)109巻Suppl.1 Page8P(2009.02)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

26. 2009250035
多能性幹細胞を規定する因子群 臨床応用を見据えて 多能性総論
Author:山中伸弥(京都大学物質-細胞統合システム拠点・iPS細胞研究センター)
Source:日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集81回・31回 Page1S1-1(2008.11)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

27. 2009234512
iPS細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所)
Source:日本腎臓学会誌(0385-2385)51巻3号 Page219(2009.04)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

28. 2009190863
iPS細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学 iPS細胞研究センター)
Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)83巻3号 PageS323(2009.03)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

29. 2009162888
人類の叡智を幸せにつなぐ iPS細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学物質-細胞統合システム拠点・iPS細胞研究センター)
Source:日本内科学会雑誌(0021-5384)98巻Suppl. Page71(2009.02)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

30. 2009157527
iPS細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学 iPS細胞研究センター)
Source:日本免疫学会総会・学術集会記録(0919-1984)38巻 Page25(2008.11)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

31. 2009120889
iPS細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導分野)
Source:アレルギー(0021-4884)57巻9-10 Page1227(2008.10)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

32. 2009108730
iPS細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究センター)
Source:臨床薬理(0388-1601)39巻Suppl. PageS93(2008.11)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

33. 2009100820
【10人が語る 10年後の医学・医療】 再生医学(iPS細胞) 病態モデル作製で新薬開発に期待
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究センター)
Source:日本医事新報(0385-9215)4420号 Page24-25(2009.01)
論文種類:解説/特集

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

34. 2009076575
がん研究からトランスレーショナルリサーチ 幹細胞学と癌細胞学の接点
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究センター)
Source:日本癌治療学会誌(0021-4671)43巻2号 Page222(2008.10)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

35. 2009059582
iPS細胞の展望と課題
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究センター)
Source:移植(0578-7947)43巻総会臨時 Page151(2008.09)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

36. 2009048101
幹細胞:既知の因子による多分化能の誘導(Stem Cells: Induction of Pluripotency by Defined Factors)(英語)
Author:YamanakaShinya(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:臨床血液(0485-1439)49巻9号 Page825(2008.09)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

37. 2009029243
iPS細胞の展望と課題
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究センター)
Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)82巻8号 PageS1078(2008.08)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

38. 2009021716
ES細胞研究の現状と展開
Author:山中伸弥(京都大学 iPS細胞研究センター再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:日本脊椎関節炎研究会誌1巻1号 Page13-18(2008.09)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

39. 2008331344
iPS細胞の展望と課題
Author:山中伸弥(京都大学iPS細胞研究センター)
Source:MHC: Major Histocompatibility Complex15巻2号 Page133(2008.08)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

40. 2008277659
iPS細胞の展望と課題
Author:山中伸弥(京都大学 iPS細胞研究センター)
Source:糖尿病(0021-437X)51巻Suppl.1 PageS-3(2008.04)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

41. 2008264952
iPS細胞の展望と課題
Author:山中伸弥(京都大学)
Source:組織培養研究(0912-3636)27巻1号 Page27(2008.03)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

42. 2008254645
ES細胞と体性幹細胞 幹細胞医学と再生医療 人工万能幹(iPS)細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学 再生医科学研究所再生統御学研究部門再生誘導研究分野)
Source:日本医学会総会会誌27回学術講演要旨 Page53(2007.12)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

43. 2008244390
成体マウス体細胞からES細胞に匹敵するiPS細胞の樹立(Generation of germline-competent induced pluripotent stem cells from adult mouse somatic cells)(英語)
Author:山中伸弥(京都大学 物質-細胞統合システム拠点 再生医科学研究所)
Source:日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集80回・30回 Page1S1-5(2007.11)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

44. 2008232154
iPS細胞:展望と挑戦(iPS Cells: Perspective and Challenge)(英語)
Author:YamanakaShinya(京都大学再生医科学研究所)
Source:Experimental Animals(1341-1357)57巻3号 Pageiii-1(2008.04)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

45. 2008195735
分化多能性と器官形成におけるSalファミリー蛋白質の機能解明
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:ライフサイエンス振興財団年報22巻 Page23-25(2008.03)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

46. 2008186943
iPS細胞の陰と陽(YING AND YANG OF iPS CELLS)(英語)
Author:YamanakaShinya(京都大学 再生医科学研究所再生誘導研究分野)
Source:Human Cell(0914-7470)21巻1号 PageA1(2008.02)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

47. 2008165820
【再生医療へ進む最先端の幹細胞研究 注目のiPS・ES・間葉系幹細胞などの分化・誘導の基礎と、各種疾患への臨床応用】 幹細胞研究のパラダイムシフトおよび臨床応用への展望
Author:山中伸弥(京都大学 iPS細胞研究センター)
Source:実験医学(0288-5514)26巻5号 Page632-636(2008.03)
論文種類:解説/特集
Abstract:細胞リプログラミング技術によって、多能性幹細胞や、組織幹細胞、癌幹細胞等の個別研究はリンクされ、新しい幹細胞研究の概要、cellular shuttlingが生まれた。まさしく幹細胞研究のパラダイムシフトである。一方、組織幹細胞を用いた臨床研究がすでに推進され、近く、多能性幹細胞についても開始される見通しであり、再生医療への橋渡しにおけるさまざまな隘路への対応策が生み出されている。幹細胞の基礎医学の最新動向や、臨床応用のダイナミズムとともに、国際協調も視野に入れた法制について概論する。(著者抄録)

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

48. 2008156113
人工多能性幹(iPS)細胞の現状と課題
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:日本ヒト細胞学会学術集会プログラム・抄録25回 Page21(2007.08)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

49. 2008066555
癌関連因子による多能性幹細胞の樹立(Doing Science on Signal Transaction Generation of pluripotency by tumor-related factors)(英語)
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導)
Source:日本癌学会総会記事(0546-0476)66回 Page430-431(2007.08)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

50. 2008002175
人工万能幹(iPS)細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:Inflammation and Regeneration(1880-9693)27巻4号 Page279(2007.07)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

51. 2007287169
再生医療のトピックス 人工万能幹(iPS)細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:日本内分泌学会雑誌(0029-0661)83巻1号 Page42(2007.04)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

52. 2007265927
人工万能幹細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)81巻4号 PageS370(2007.04)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

53. 2007209576
【幹細胞新世紀 ES細胞・体性幹細胞の新たなポテンシャル】 序 幹細胞生物学の現状と展望
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:細胞工学(0287-3796)26巻5号 Page482-484(2007.04)
論文種類:解説/特集

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

54. 2007199513
再生医学のいま 基礎研究から臨床への展開に向けて 体細胞から誘導する多能性幹(iPS)細胞
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:治療(0022-5207)89巻5号 Page1954-1958(2007.05)
論文種類:解説
Abstract:ES細胞はさまざまな疾患に対する細胞移植療法のドナーとして期待されるが、ヒト胚の利用や拒絶反応などの問題点もある。筆者らはマウス体細胞に4つの遺伝子を導入することにより、ES細胞に類似した多能性幹細胞であるiPS細胞を樹立した。今後は、同技術をヒトに応用し、安全性を高めることが課題である。(著者抄録)

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

55. 2007163626
【再生医療への新たな挑戦 多能性幹細胞の維持と誘導】 オーダーメイド万能幹細胞への挑戦 拒絶のない細胞移植療法をめざして
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:実験医学(0288-5514)25巻4号 Page450-454(2007.03)
論文種類:解説/特集

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

56. 2007141736
人工万能幹(iPS)細胞の可能性と課題
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:日本眼科学会雑誌(0029-0203)111巻臨増 Page310(2007.03)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

57. 2007094452
幹細胞技術の現状と展望 マウス線維芽細胞から誘導多能性幹細胞をつくる
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生統御学研究部門再生誘発研究分野), 高橋和利
Source:蛋白質・核酸・酵素(0039-9450)51巻15号 Page2346-2351(2006.12)
論文種類:解説
Abstract:マウス線維芽細胞に,OCT3/4,SOX2,c-MYC,および,KLF4の4つの転写因子をレトロウイルスで導入することにより,胚性幹細胞に類似した多能性幹細胞を樹立することに成功した.ヒトでも同じ現象が起こるかどうかは不明であり,レトロウイルスや原癌遺伝子を利用することから安全面での課題も多い.しかし,患者と同じ遺伝情報をもった多能性幹細胞を作製して,拒絶反応のない細胞移植療法を実現できる可能性が示された.(著者抄録)

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

58. 2007063747
人工万能幹細胞(iPS細胞)の樹立と課題
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野), 高橋和利
Source:細胞工学(0287-3796)25巻11号 Page1288-1289(2006.10)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

59. 2007041300
分化多能性と核の初期化
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所)
Source:最新医学(0370-8241)61巻10号 Page2204-2208(2006.10)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

60. 2006237634
【再生医学 臨床と研究の最前線】 基礎編 胚性幹細胞 ES細胞における類腫瘍性増殖と多能性長期維持
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:医学のあゆみ(0039-2359)217巻5号 Page520-523(2006.04)
論文種類:解説/特集
Abstract:体内に存在するすべての細胞へと分化できる多能性を有するES細胞は,ノックアウトマウス作製に利用されるとともに,細胞移植療法の資源として期待されている.ES細胞は腫瘍細胞と同様に不死性を獲得しており,長期にわたる培養が可能である.さらに,ヌードマウスに移植すると腫瘍を形成することから,ES細胞は腫瘍細胞そのものであるととらえることもできる.ES細胞の高い増殖能と長期自己複製能は,再生医療への応用にとって利点となるが,腫瘍形成能は重大な短所である.ES細胞における特性維持機構の研究が進展するにつれ,多くの癌関連蛋白質が高い増殖能,長期自己複製能,そして腫瘍形成能にかかわっていることが明らかとなってきた(著者抄録)

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

61. 2006219617
幹細胞の分子調節 マウスES細胞における転写因子と後成的修飾による遺伝子発現調節(Molecular Regulation of Stem Cells: REGULATION OF GENE EXPRESSION BY TRANSCRIPTION FACTORS AND EPIGENETIC MODIFICATION IN MOUSE ES CELLS)(英語)
Author:YamanakaShinya(京都大学再生医科学研究所)
Source:Cell Structure and Function(0386-7196)30巻Suppl. Page3(2005.06)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

62. 2006210106
ヒトES細胞研究の最前線 胚無しでの核再プログラミング(Frontiers in Human ES cell Research: Nuclear Reprogramming without Embryos)(英語)
Author:YamanakaShinya(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:組織培養研究(0912-3636)25巻1号 Page26-27(2006.03)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

63. 2006178315
Transcriptome解析で明らかにされたES細胞のミステリー(Mystery of ES Cell Revealed by Transcriptome Analyses)(英語)
Author:YamanakaShinya(奈良先端科学技術大学院大学)
Source:The Journal of Toxicological Sciences(0388-1350)29巻4号 Page249(2004.10)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

64. 2006096359
胚性幹細胞における分化多能性維持機構
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:生化学(0037-1017)78巻1号 Page27-33(2006.01)
論文種類:総説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

65. 2006083494
【ここまで進んだ幹細胞研究と再生医療2006 幹細胞の分化を運命づけるメカニズムから臨床応用の取り組み,産業化の展望まで】 幹細胞の基礎的研究 幹細胞はどうして幹細胞でいられるのか ES細胞で特異的に発現する遺伝子群ECATと分化多能性
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:実験医学(0288-5514)24巻2号 Page142-147(2006.01)
論文種類:解説/特集
Abstract:ES細胞が成体に存在するすべての細胞へと分化する多能性を維持したまま半永久的に増殖を続ける分子機構を解明するために,ES細胞で特異的に発現する遺伝子群ECAT(ES cell associated transcript)を同定した.その結果,Oct3/4やNanogといった転写因子が,ES細胞と初期発生における多能性維持に必須であることがわかった.またES細胞においてはERasとTcl1という癌遺伝子が発現していることもわかった.両癌遺伝子ともPI3キナーゼ経路を活性化することから,同経路がES細胞における多能性の長期維持に関与していることが示唆される(著者抄録)

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

66. 2005280140
【ES細胞を制御する最新テクニック】 ES細胞培養の基本技術 奇形腫形成によるES細胞の評価法
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:バイオテクノロジージャーナル(1349-7448)5巻5号 Page543-546(2005.09)
論文種類:解説/特集
Abstract:分化多能性と高い増殖能をもつES細胞は,生体に移植すると三胚葉系の種々の細胞が混在する奇形腫を形成する.キメラ実験のできないヒトES細胞においては,奇形腫形成能が分化多能性の有力な証明となる.しかしヒトES細胞の臨床応用を考えた場合,奇形腫形成は重大な障壁となる.一方,研究面からみると,ES細胞の培養法を評価したり,遺伝子産物の多能性や増殖能における役割を検討したりするうえで,極めて有用な実験系となる(著者抄録)

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

67. 2005260609
翻訳調節因子NAT1はES細胞における分化遺伝子連鎖の早期に必須である
Author:山中伸弥(大阪市立大学 医・薬理), 岩尾洋
Source:生化学(0037-1017)71巻8号 Page1083(1999.08)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

68. 2005243770
【幹細胞生物学の新たな展開】 ES細胞の分化 ES細胞の長期自己複製能と腫瘍形成能
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所)
Source:最新医学(0370-8241)60巻8号 Page1677-1682(2005.08)
論文種類:解説/特集

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

69. 2005227579
ES細胞による心血管系治療への展望と課題
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所 再生誘導研究分野)
Source:血管(0911-4637)28巻2号 Page33-38(2005.06)
論文種類:総説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

70. 2005175053
細胞分化の分子基盤 マウスの外胚葉ならびに胚性幹細胞における多能性の維持にHomeoprotein Nanogは必要である(Molecular basis of cell differentiation: The homeoprotein Nanog is required for maintenance of pluripotency in mouse epiblast and ES cells)(英語)
Author:YamanakaShinya(奈良先端科学技術大学院大学)
Source:生化学(0037-1017)75巻8号 Page711(2003.08)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

71. 2005138885
私が名付けた遺伝子 Nanog/ERas
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所)
Source:実験医学(0288-5514)23巻8号 Page1236-1238(2005.05)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

72. 2005117119
ホメオプロテインNanogはES細胞と初期胚の分化多能性維持に必須である
Author:山中伸弥(奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター 動物分子工学講座)
Source:上原記念生命科学財団研究報告集17巻 Page267-269(2003.11)
論文種類:原著論文

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

73. 2005020311
ES細胞の分化多能性を支えるホメオボックス蛋白質Nanog
Author:山中伸弥(京都大学再生医科学研究所)
Source:Medical Science Digest(1347-4340)30巻12号 Page478-479(2004.11)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

74. 2004282286
【幹細胞の運命を決定するシグナル】 ES細胞の自己複製を維持するシグナル
Author:山中伸弥(奈良先端科学技術大学院大学 遺伝子教育研究センター)
Source:蛋白質・核酸・酵素(0039-9450)49巻6号 Page704-709(2004.05)
論文種類:解説/特集
Abstract:マウスES細胞の自己複製を維持する因子として,サイトカインLIFとその下流で機能する転写因子STAT3の重要性がよく知られている.また,ホメオボックス転写因子Oct3/4も必須である.しかし,LIFはヒトES細胞の自己複製を維持できない.さらにマウスES細胞においてもBMPやWntなどのLIF以外のシグナル伝達経路や,Nanogなどの新しい転写因子の重要性が認識されつつある.そこで,ES細胞の自己複製機構に関する最近の急速な研究の進展について紹介した

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

75. 2004255113
【多彩な機能をもつ転写調節因子 ホメオタンパク質】 分化多能性維持に必須のホメオタンパク質Nanog
Author:山中伸弥(奈良先端科学技術大学院大学 遺伝子教育研究センター)
Source:実験医学(0288-5514)22巻12号 Page1689-1693(2004.08)
論文種類:解説/特集

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

76. 2004218431
胚性幹細胞増殖を促進する新しいRasファミリー蛋白質ERas(A novel Ras family protein ERas that promotes embryonic stem cell proliferation)(英語)
Author:YamanakaShinya(奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター)
Source:Journal of Pharmacological Sciences(1347-8613)94巻Suppl.I Page12P(2004.03)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

77. 2004108723
分化多能性を維持するホメオプロテインNanog
Author:山中伸弥(奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター)
Source:医学のあゆみ(0039-2359)206巻11号 Page876-877(2003.09)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

78. 2004081361
遺伝子改変マウス 遺伝子改変マウス技術の進歩
Author:山中伸弥(奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター)
Source:日本皮膚科学会雑誌(0021-499X)113巻13号 Page1968-1969(2003.12)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

79. 2003292994
【リボヌクレオーム 機能性RNAが活躍する転写後の世界】 拡大するRNAエディティング酵素APOBECの世界
Author:山中伸弥(奈良先端科学技術大学院大学 遺伝子教育研究センター)
Source:細胞工学(0287-3796)22巻9号 Page956-959(2003.08)
論文種類:解説/特集

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

80. 2003274340
遺伝子改変マウス技術の進歩
Author:山中伸弥(奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター)
Source:日本皮膚科学会雑誌(0021-499X)113巻5号 Page723(2003.04)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

81. 2003084358
ES細胞維持に必須の新規因子ECAT4とECAT5
Author:山中伸弥(奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター 動物分子工学), 高橋和利, 三井薫
Source:生化学(0037-1017)74巻8号 Page803(2002.08)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

82. 2002118263
ES細胞特異的遺伝子群(ECAT)の同定と機能解明
Author:山中伸弥(奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター), 三井薫, 海保英子, 高橋和利, 徳澤佳美
Source:生化学(0037-1017)73巻8号 Page910(2001.08)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

83. 2002043099
ES細胞における遺伝子ネットワーク解析
Author:山中伸弥(奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター), 三井薫
Source:神緑会学術誌(0914-9120)17巻 Page118-120(2001.08)
論文種類:原著論文

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

84. 1999155936
ジーンターゲティングによる蛋白質翻訳制御因子NAT1/p97/DAP5の機能解明
Author:山中伸弥(大阪市立大学 医 薬理), 章暁鷹, 三浦克之, 金勝慶, 岩尾洋
Source:日本薬理学雑誌(0015-5691)113巻3号 Page52P(1999.03)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

85. 1999047125
翻訳調節とmRNA動態:細胞翻訳 哺乳類における新しい翻訳開始調節因子NAT1
Author:山中伸弥(大阪市立大学 医 薬理), 岩尾洋
Source:生化学(0037-1017)70巻8号 Page633(1998.08)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

86. 1998227262
ヒト血管内皮酸化LDL受容体遺伝子のクローニングとトランスジェニックマウスの確立(英語)
Author:YamanakaShinya(大阪市立大学 医 薬理), 他
Source:The Japanese Journal of Pharmacology(0021-5198)76巻Suppl.I Page169P(1998.04)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

87. 1998131732
RNAエディティング
Author:山中伸弥(大阪市立大学 医 薬理), 岩尾洋
Source:医学のあゆみ(0039-2359)184巻2号 Page136-137(1998.01)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

88. 1998046268
遺伝子発現解析の新しい流れ
Author:山中伸弥(大阪市立大学 医 薬理), 岩尾洋
Source:日本薬理学雑誌(0015-5691)110巻4号 Page217(1997.10)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

89. 1998045165
RNA編集
Author:山中伸弥(大阪市立大学 医 薬理), 岩尾洋
Source:日本薬理学雑誌(0015-5691)110巻4号 Page216(1997.10)
論文種類:解説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

90. 1997168955
RNAエディティング 転写後の遺伝情報修飾
Author:山中伸弥(大阪市立大学 医 薬理), 岩尾洋
Source:蛋白質・核酸・酵素(0039-9450)42巻6号 Page803-811(1997.05)
論文種類:総説

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

91. 1994215874
イヌにおける有効血管硬度に対するNG-ニトロアルギニンの効果(英語)
Author:YamanakaShinya(大阪市立大学 薬理), IwaoHiroshi, YukimuraTokihito, 他
Source:The Japanese Journal of Pharmacology(0021-5198)63巻1号 Page41-45(1993.09)
論文種類:原著論文
Abstract:イヌにおける静脈張力に対する,NOシンターゼ阻害剤NG-ニトロ-L-アルギニン(LNNA)の効果を調べた。静脈張力は有効血管硬度により評価され,その値は血液容量の変化と同時記録した中心静脈圧の変化から計算した。LNNA(10mg/kg,i.v.)は,組織の血管抵抗の上昇とともに,EVSを0.21±0.04から0.30±0.03mmHg・kg/mlに上昇させた。NG-ニトロ-D-アルギニンはEVSに影響しなかった。LNNAによるEVSの増大は,L-アルギニンにより部分的に反転したが,D-アルギニンによっては反転しなかった。これはEVSの増大がNO合成の阻害に基因することを示した

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

92. 1993195402
血小板活性化因子の降圧作用に対するトロンボキサンA2合成阻害薬の影響
Author:山中伸弥(大阪市立大学 薬理), 他
Source:日本薬理学雑誌(0015-5691)98巻6号 Page94P(1991.12)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

93. 1993180731
麻酔イヌにおける血漿11-dehydro Thromboxane B2の測定
Author:山中伸弥(大阪市立大学 薬理), 他
Source:日本薬理学雑誌(0015-5691)100巻2号 Page49P(1992.08)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

94. 1993173418
麻酔イヌにおける血小板活性化因子の降圧機序 エイコサノイドの関与について(英語)
Author:YamanakaShinya(大阪市立大学 薬理), 他
Source:The Japanese Journal of Pharmacology(0021-5198)55巻Suppl.1 Page100(1991.03)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

95. 1993152803
麻酔イヌにおける血小板活性化因子の降圧作用
Author:山中伸弥(大阪市立大学 薬理), 他
Source:日本薬理学雑誌(0015-5691)96巻2号 Page39P(1990.08)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

96. 1993020993
血小板活性化因子刺激により遊離するプロスタグランディンは静脈拡張を引き起こし降圧をもたらす
Author:山中伸弥(大阪市立大学 薬理), 他
Source:高血圧(0288-0032)14巻1号 Page17(1991.09)
論文種類:会議録

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

97. 1991065293
Short typeのトライアスロンにおけるスポーツ外傷・障害の実態調査
Author:山中伸弥(国立大阪病院), 尾原善和
Source:臨床スポーツ医学(0289-3339)6巻別冊 Page417-420(1989.06)
論文種類:原著論文
Abstract:short type raceの参加者230名を対象にトライアスロンによる外傷・障害についてのアンケート調査を行った.1)外傷のうち最も多かったのは自転車の転倒事故によるものであった.用具との関係を含めて今後検討の余地があると考えられる.2) short typeのトライアスロンにおいては3種目の練習を行うため各種目の練習量が少なく,障害の発生頻度は一般大衆ランナーに比べて低い傾向がみられた

医中誌Web
---------------------------------------------------------------

98. 1990120895
第6・第7頸椎分離症の一例
Author:山中伸弥(国立大阪病院), 他
Source:医療(0021-1699)42巻増刊2 Page412(1988.10)
論文種類:会議録/症例報告

医中誌Web
このページの先頭へ戻る
医中誌からのお知らせ
バージョンアップ情報

HLM最新情報