Home > 医中誌からのお知らせ
医中誌からのお知らせ

医中誌からのお知らせ
●公開シンポジウムのご案内 「診療ガイドライン・医療政策の場における患者・市民の役割 〜英国NICEと日本の現状〜」

2009年9月16日更新

 

厚生労働科学研究「診療ガイドラインの新たな可能性と課題:患者・一般国民との情報共有と医療者の生涯学習」(2007〜2009年度)の公開シンポジウムを開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。


英国では医療の質向上に向けて設置されたNICE(National Institute for Health & Clinical Excellence)が、診療ガイドライン関連の諸課題に対して責任を負っています。 その中で患者や消費者の参加をコーディネートしているのが、Patient and Public Involvement Programme (PPIP:患者消費者参加促進部門)です。この度、PPIPの前責任者であるDrマルシア・ケルソン氏を英国より招聘し、英国と日本との患者・医療消費者参加の取り組みの実際について、皆さんと共に情報共有し、考えてみたいと思います。


日時・
場所
東京
2009年9月26日(土) 13時〜16時 (開場12時30分)
東京大学医学部附属病院 入院棟A15階 大会議室
プログラム
京都
2009年9月27日(日) 13時30分〜16時30分 (開場13時)
メルパルク京都 6階会議室C
プログラム
参加
参加無料・逐語通訳あり (どなたでも参加できます)


現在は受付を行っておりません。

主催
厚生労働科学研究「診療ガイドラインの新たな可能性と課題:患者・一般国民との情報共有と医療者の生涯学習」研究班
/主任研究者 中山 健夫 (京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野・教授)
共催
日本患者会情報センター
財団法人 国際医学情報センター
後援
財団法人 日本救急医療財団
財団法人 日本医療機能評価機構
特定非営利活動法人 医学中央雑誌刊行会


< プログラム (東京)>


・「診療ガイドライン:エビデンス、患者参加、コミュニケーション」
中山健夫 教授 (京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻)

・「診療ガイドライン作成への患者・市民参画について 〜NICEの取組み〜」
マルシア・ケルソン博士 (英国NICE・患者消費者参加促進部門 コンサルタント)

・「患者家族と専門医が一緒に作った診療ガイドラインの取り組み」
森川昭廣 先生 (日本小児アレルギー学会前理事長、群馬大学名誉教授)

・「患者・市民との協働を目指して 〜がん医療政策の現場から〜」
迫井正深 氏 (広島県 健康福祉局長)



< プログラム (京都)>


・「診療ガイドライン:エビデンス、患者参加、コミュニケーション」
中山健夫 教授 (京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻)

・「診療ガイドライン作成への患者・市民参画について 〜NICEの取組み〜」
マルシア・ケルソン博士 (英国NICE・患者消費者参加促進部門 コンサルタント)

・「日本における患者参加の現状と課題」
本田 麻由美 氏 (読売新聞社 社会保障部)





以上


このページの先頭へ戻る
医中誌からのお知らせ
バージョンアップ情報

HLM最新情報